<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
Discussion-Paper-Series (34) , 研究所セミナー (21) , スタッフセミナー (20) , 研究叢書 (6) , 経済研究所セミナー (4) , カンファレンス (2) ,
ARCHIVES
1月の経済研究所セミナー
日時:2012年1月23日(月) 16:40 ~
会場:中京大学八事キャンパス14号館(研究棟)4階・経済学部会議室
講師:Laixun Zhao 氏 (神戸大学経済経営研究所 教授)
タイトル:Policing Foreign Tainted Products in a Global World
Abstract:This paper examines international trade involving tainted products in a model of quality choice, facing the claim that globalization should be halted due to numerous food incidents.
Particularly, we ask the following questions: (i) What are the conditions under which foreign firms choose to produce tainted goods? (ii) Does globalization via freer trade lower product safety? (iii) How is welfare ultimately affected? We show the existence of a free trade Nash equilibrium characterized by production and trade of high-quality non-tainted products. However, free trade cannot prevent the export of tainted goods, because the foreign firm may deviate under different combinations of parameters. We find tainting arises more easily, if the marginal-cost difference between high-quality and tainted production increases, or if errors of testing product quality occur, or in the presence of sabotage by rival firms.

JEL Classification Number: D43, F12, F13, I12
Keywords: asymmetric information, experience good, Nash equilibrium, sabotage, tainting,errors of testing, trade.


日時:2012年1月31日(火) 16:40 ~
会場:中京大学八事キャンパス14号館(研究棟)4階・経済学部会議室
講師:藤生 裕 氏 (千葉経済大学経済学科 教授)
タイトル:Two-Sided Transfers from Adult Children of Elderly Persons (東 三鈴氏との共同論文)
(科学研究費補助金若手研究B「知的財産保護が経済成長に与える影響に関する定性および定量分析(研究代表者 古川雄一)」と中京大学経済研究所の共催)

概要:
本セミナーは、科学研究費補助金若手研究B「知的財産保護が経済成長に与える影響に関する定性および定量分析(研究代表者:古川雄一)」との共催で行われた。
 家族内の高齢者介護は、今後ますます高齢化する先進国経済にとって重要な問題の一つである。本研究報告は、中高年世代が親世代に対して行う高齢者介護に焦点を当て、そのインセンティブについて理論、実証両面から分析した。主要な結果は次の通り。中高年世代が将来、子供世代から介護を受けることができると期待している場合に限り、教育費のような子供世代への所得移転が、子供世代から将来の介護を間接的に引き出すツールとして機能する。この研究は、この理論を動学的最適化によって記述したうえで、アメリカのデータをつかって実証的に説明することに成功している。
 非常に活発な議論が行われ、報告者と中京大学経済研究所スタッフのあいだに、有益な知的相互作用があったと思う。(1月31日、名古屋キャンパス15号館中会議室)
(経済学部准教授 古川 雄一)



  • (2011-11-24 14:12:36)